お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7301-9475

再診・その他のお問い合わせ

04-2941-5407

メールお問合せ・予約

メールお問合せ・予約

   
やまぐち矯正歯科へのお問い合わせ:028-683-6701
     

親知らずは抜くべき?|所沢市で矯正歯科をお探しの方はやまぐち矯正歯科まで

親知らずは抜くべき?

 

こんにちは歯科衛生士の宮内です。

今回は親知らずについてお話しいたします。

〜親知らずってなに?〜

親知らずとは、前歯から数えて8番目にあり、奥歯の中で1番奥に位置する歯です。

生えてくる時期は20歳前後で最も遅く生えてきます。

正式名称は第三大臼歯といいます

〜親知らずを抜く必要が無い場合〜

まっすぐ生えている
親知らずや横の歯が虫歯、歯周病になっていない

〜親知らずを抜く必要がある場合〜

横の歯を押している

親知らずが横の歯強く押してしまい、歯列不正になってしまうことがあります。

歯茎に半分埋まっている

斜めに生えていたり真っ直ぐ生えていない場合は、完全に親知らずが生えてくる事が出来ません。そうすると、親知らずと歯茎の間な十分に歯磨きが出来ず虫歯や歯周病になるリスクな高くなります。

親知らずや横の歯が虫歯、歯周病になっている

親知らずは歯ブラシが届きにくく、磨き残しが出来やすいです。

真っ直ぐ生えている場合でも、重度の虫歯や歯周病になっているときは抜歯した方が良いでしょう。

親知らずに痛みがある

1・2・3が重度になると痛みを伴います。

まとめ

歯並びが良くない方はもしかしたら、親知らずが横の歯を押している事が原因で、歯列不正になっているかもしれません。

 

当院では精密検査時にレントゲンを撮り親知らずの状態を確認しています。

矯正歯科医が、患者様一人ひとりの親知らずやその他お口の事を分析し、抜歯するべきなのか、必要はないのか判断します。

「抜歯をした方が良い」と判断した場合は、可能であれば抜歯してから矯正治療を開始することをお勧めする事があります。

 

一度、矯正専門の医師にお口の中の状態を見てもらい、自分の歯並びは親知らずが原因なのか?それ以外の舌の癖、遺伝的なものなのか確かめてみてはいかがでしょうか?

 

やまぐち矯正歯科では、様々な歯並びについてのご相談をお待ちしております。

初診のご予約はホームページまたは、電話にて承っておりますので、お気軽にご連絡ください。

初診予約

再診・その他

WEB予約

PAGE TOP

ネット予約をする