お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7301-9475

再診・その他のお問い合わせ

04-2941-5407

メールお問合せ・予約

メールお問合せ・予約

   
やまぐち矯正歯科へのお問い合わせ:028-683-6701
     

出っ歯について|所沢市で矯正歯科をお探しの方はやまぐち矯正歯科まで

出っ歯について

こんにちは。歯科衛生士の宮内です。

今回は出っ歯についてお話しします。

 

出っ歯とは

出っ歯は、上の前歯や上顎が前に出ている噛み合わせをいいます。

この状態を上顎前突と呼びます。

 

原因

1.指しゃぶりや爪を噛む癖

指しゃぶりをしていると、上下の顎の前後的な位置関係がずれる、前歯が前方に傾いてしまうこともあります。

乳歯のうちは大丈夫ですが、永久歯に生え変わる時期まで指しゃぶりの癖が続くようだと、歯並びに影響が出てくる可能性が高くなります。

 

2.舌で前歯を内側から押してしまう癖

無意識のうちに舌で前歯を押してしまう癖を持っていることがあります。内側からの舌の力で、徐々に時間をかけて歯が移動し、出っ歯になります。

 

3.口呼吸

舌は「スポット」と呼ばれる上顎の後ろの部分に触れていて、上顎の歯列内に収まっているのが正常な状態です。

そしてそこからの舌の圧力と唇の力、頬の粘膜からの圧力がバランスを取り、歯並びを正常な位置へと導きます。

ところが口呼吸が癖になると、舌が下がり上顎から離れて力のバランスが崩れ、頬粘膜の圧力が優位になり、頬からの力により歯列が内側に押され狭くなります。

その結果、歯並びが乱れるのです。

 

      

間違った舌の位置 口呼吸     正しい舌の位置 鼻呼吸

 

 

 

4.骨格性のもの

上顎と下顎の成長バランスがずれることによって、上顎の骨が大きくなったり、下顎の骨の成長が足りなくなったりすることで、顎の前後の位置関係がずれて出っ歯になります。

この場合は装置を使って上顎の成長を抑制したり、下顎の成長を促したりする治療を行います。

 

 

放っておくとどうなるか

1.ドライマウス

口が閉じづらくなり、口唇が開いた状態にやすいです。口唇が開いていると、ドライマウス(口が乾いた状態)になり、唾液の分泌量が低下してしまいます。唾液の自浄・潤滑・抗菌作用などが少なくなることから、細菌が増殖します。結果として虫歯、歯周病、口臭の原因になります。

 

2.怪我をする可能性がある

前歯の傾きが大きい場合、転倒やスポーツによる体の衝突の事故により前歯が折れる、唇を傷つける可能性があります。

 

3.その他

噛み合わせが悪いと、体全体のバランスが歪んでしまいます。

その影響により、片側に強く重心をかけることで首や顎の筋肉が疲れ、肩こりや頭痛などの症状が出てくることもあります。

 

終わりに

出っ歯とは何か、原因についてはお分かりいただけましたか?

次回、出っ歯の治療方法についてお話します。

やまぐち矯正歯科では、出っ歯や様々な歯並びについてのご相談をお待ちしております。

初診のご予約はホームページまたは、電話にて承っておりますので、お気軽にご連絡ください。

 

初診予約

再診・その他

WEB予約

PAGE TOP

ネット予約をする