お問い合わせはこちらまで

ご予約・お問い合わせ

04-2941-5407

メールお問合せ・予約

メールお問合せ・予約

子どもの矯正はいつから始める?|所沢市で大人の矯正・小人の矯正をお探しの方はやまぐち矯正歯科まで

LINE画像

〒359-0021 埼玉県所沢市東所沢5丁目1-13 東所沢駅前ビル2F
診療時間:月、火、水、金 11:00~13:00, 14:30~19:30
土、日(月2回)9:00~13:00, 14:30~17:30
休診日:木・祝・月、火、日曜(隔週)

やまぐち矯正歯科へのお問い合わせ:028-683-6701

子どもの矯正はいつから始める?

こんにちは😊

やまぐち矯正歯科です。

 

矯正治療は子どものころから始めた方が良いという話を耳にしたことはありませんか?

今回はそんな子どもの矯正治療についてのお話をします。

 

小児矯正とは?

 

矯正治療は「小児矯正」と「成人矯正」の2つに分かれております。

子どもが受けるのが小児矯正、大人が受けるのが成人矯正です。

小児矯正はさらに2つに分かれており、1期治療と2期治療の2つに分けられます。

1期治療を主に小児矯正と呼び、2期治療は成人矯正に分類されることもあります。

 

1期治療を受ける年齢

 

6歳ごろから11歳ごろの混合歯列期に行います。

子どもの歯から大人の歯への交換する時期であり、歯並びの異常を治す上での適齢期です。

主に永久歯が生えやすい環境を作るために、顎の骨の改善を行います。

 

1期治療の目的

 

1期治療の目的は、顎の成長の発育を正常に正すことです。

例えば、上の顎の幅が狭くて将来的に叢生になりそうなケースでは拡大床などを用いて治療を行います。

顎の骨が正常な幅まで拡大されるため永久歯を綺麗に並べるためのスペースを確保します。

つまり1期治療では顎のバランスを整える「土台作り」が中心の治療です。

 

2期治療を受ける年齢と目的

 

永久歯が全て生えそろったタイミングで行います。

顎の発育のピークも超え歯並びの乱れを細かく整えるのに適した時期となります。

ブラケットやマウスピースを装着して歯を1本1本正しい位置へと動かしていきます。

 

早期治療が必要となるケース

 

状態によっては早期に治療をした方が良いケースもあります。

それは「下顎前突」です。

下顎前突とは一般的に受け口と呼ばれているもので、下の顎や前歯が前方へ飛び出している状態のことを言います。

顎がしゃくれていると表現されることもあります。

 

受け口の原因は何パターンかあり、矯正治療で改善できるものもあります。

少しでも気になる場合は近くの専門医に相談してみるのも良いでしょう。

 

最後に

 

当院では小児矯正でも様々な装置を用いて治療を行っています。

お子様それぞれの性格に合わせた治療も行っておりますので、小児矯正を行った方が良いのか迷われている方は一度ご相談にいらしてください😌

初診のご相談のご予約はこちらのホームページからも承っておりますので、ご興味のある方はぜひご予約してみてください☺

初診予約:050-7301-9475再診・その他:04-2941-5407 ネット予約をする 診療時間11:00~19:30

お問い合せ

まずは気軽に
LINE相談

WEB予約

PAGE TOP

ネット予約をする

 

ホームに戻る