お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7301-9475

再診・その他のお問い合わせ

04-2941-5407

メールお問合せ・予約

メールお問合せ・予約

やまぐち矯正歯科へのお問い合わせ:028-683-6701

お子さんのお悩み別解説|東所沢で矯正歯科をお探しの方はやまぐち矯正歯科まで

お子さんのお悩み別解説

お子さんのこのようなお悩みはぜひご相談ください。

混合歯列期は今後の歯並びにとって大切な時期です。

「混合歯列期」とは乳歯から永久歯に生え変わる時期で、そのどちらもがお口の中にある時期のことです。概ね小学校低学年~中学生頃までの期間を指します。この期間にはお子さんの歯並びのこれからに影響する様々なことが起きてきますので、このページでは名称ごとに“どのような状態になるのか” をご紹介します。

お子さんのお口と併せてご覧いただき、もし歯並びが悪くなる傾向がありましたら、お気軽にご相談にいらしてください。

前歯がガタガタ (叢生)

顎に対して歯が大きい場合、前歯が永久歯に生え変わった時に歯並びがガタガタになります。
歯並びがガタガタしていると歯垢や歯石がたまりやすく、虫歯や歯肉炎の原因となります。成長期に歯並びの幅を広げることにより、前歯を並べるスペースを成人の矯正治療より多く獲得することができます。

出っ歯が気になる (上顎前突)

出っ歯は見た目が良くないだけでなく、前歯がしっかり当たらないため、食べ物が効率良く噛み切れません。また、出っ歯で口が閉じにくい場合は口呼吸になりやすいため、口の中が乾燥しやすく、虫歯や歯肉炎の高いリスク、口臭の原因になります。

受け口が気になる (下顎前突)

上下の前歯の噛み合わせが逆になってしまっている状態を反対咬合と言います。見た目が良くないだけではなく、奥歯や顎関節に負担がかかる噛み合わせです。
受け口は子供のうちの早期治療がとても効果的で、放置して成人になると治療の難度が大きく上がってしまい、手術を必要とすることもあります。

横の歯が反対に噛んでいる (交叉咬合)

前歯ではなく横の歯 (側方歯) の噛み合わせが反対になっている状態です。
側方歯のズレをそのままにしておくと、左右の成長のバランスが崩れ、顔が左右非対称に成長してしまう可能性があります。

嚙み合わせが深く、下の前歯が隠れる (過蓋咬合)

噛み合わせてイーッとした時に、下の歯がほとんど隠れてしまい見えない状態です。これを過蓋咬合(かがいこうごう)といいます。
噛み合わせが深いと下顎の前方向の成長が阻害されて、上下顎骨の成長のバランスが崩れてしまうことがあります。

前歯が嚙み合わない (開咬)

カチンと噛み合わせると、奥歯だけが当たり、前歯が当たらない噛み合わせで、開咬(かいこう)と言います。
骨格性の開咬もありますが、子供の開咬の原因の多くは舌の悪い癖です。これを異常嚥下癖と言い、成人まで放置すると骨格的な開咬になってしまったり、癖がなかなか取れず治療しても開咬が再発してしまったりすることがあります。

すきっ歯が気になる (空隙歯列)

顎に対して歯が小さい、永久歯が足りない、舌が大きい場合などに生じる不正咬合です。
見た目と発音に問題が生じるため、子供がコンプレックスを感じる前の治療が効果的です。上顎の前歯が生えたばかりのころに正中に隙間があいているのは必ずしも異常ではなく、隣の歯が生えるころに自然に閉鎖することがあります。
まずはお気軽に御相談下さい。

永久歯が変なところから生えてきた (異所萌出)

永久歯が歯並びの外側や内側にズレて生えてきてしまうことを異所萌出(いしょほうしゅつ)と言います。
早期に対応しないと、本来生えるべき位置に隣の歯が倒れ込んできてしまい、並ぶスペースが無くなってしまいます。

永久歯が足りないお子さんが増えています

生まれつき歯が足りない確率が増加傾向に有り、最近では約10%と報告されています(親知らず以外の永久歯が先天欠如しているもの)。
ところが、永久歯が足りないかどうかの検査は一般的に行われていないため、永久歯が一向に生えてこなくて初めて発覚することが多いのです。永久歯が足りないと、歯並びや噛み合わせが悪くなったり、歯の真ん中が左右で歯が足りない方にズレてしまったりします。しかしながら、足りないことがわかっていれば、早目に対応することができます。
ご希望があればカウンセリング時に永久歯の本数を確認するためのレントゲン撮影もいたします。

お子様の矯正

ネット予約をする

PAGE TOP

ネット予約をする