お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7301-9475

再診・その他のお問い合わせ

04-2941-5407

メールお問合せ・予約

メールお問合せ・予約

   
やまぐち矯正歯科へのお問い合わせ:028-683-6701
     

歯ぎしりについて|所沢市で矯正歯科をお探しの方はやまぐち矯正歯科まで

歯ぎしりについて

こんにちは。やまぐち矯正歯科、歯科衛生士の山城です。
今回は歯ぎしりについてお話します。

歯ぎしりはストレスが原因と言われています。ですが歯ぎしりの原因はひとつではありません。他にどのような原因が考えられるのか、また歯ぎしりの解消法を紹介します。

歯ぎしりの原因

ストレス

歯ぎしりはストレスが原因で発生します。
環境に変化が起こるとき、比較的多くの人が歯ぎしりを経験します。
このように誰にでも起こる可能性があるもので、ちょっとした変化や心への負担がきっかけとなって起こります。

歯並びが悪い

歯ぎしりは歯並びが良い人でも発生しますが、噛み合わせが悪いとそれが歯ぎしりの原因になることがあります。噛み合わせが悪いと歯の摩擦が大きくなり、それが原因で寝ている間に歯ぎしりが発生することがあります。

食いしばりの癖がある

食いしばりの癖がある人は就寝中も筋肉が緊張しがちになり、歯ぎしりが発生しやすくなります。もし、日頃から重い物を運ぶ仕事をしている人はそれが原因で食いしばり
を発生させて歯ぎしりへと発展させている可能性があります。

歯ぎしりの原因はまだ不明点が多い

実際、歯ぎしりの原因は確実なものがありません。考えられる原因がストレスと噛み合わせです。この2つにつながる要因があれば、それが間接的な原因となるのです。

歯ぎしりの治療

ストレスの解消

ストレスがある場合は、ストレス解消を積極的に行うといいです。リフレッシュする時間を作ったり、お休みを取るなど出来ることでかまいません。
環境が変化した際には少し注意して過ごしましょう。

マウスピースでの対処療法

歯ぎしりをしてしまう場合は、マウスピースを使って歯がダメージを受けないように防護することが出来ます。歯医者さんで自分にあったマウスピースを作ってもらってください。

歯列矯正で歯ぎしりのリスクを減らす

噛み合わせが悪いと、ある一部のはだけに負担がかかってしまいます。
そのため、歯列矯正で歯並びや噛み合わせを整えて、歯ぎしりしにくい噛み合わせへと矯正する方法もあります。

歯ぎしりのリスクとは?

歯が痛む、しみる

歯ぎしりをするとかなり強い力が歯や顎にかかります。歯ぎしりで歯の表面が削れると、エナメル質が剥がれて、象牙質がむきだしの状態になります。これが原因で歯が痛くなったりしみやすくなります。

詰め物や被せものが取れる、破損する

上記で説明したように相当の強い力がかかります。この強い力に詰め物や被せものが耐えきれないと取れてしまったり破損してしまいます。

顎が痛くなる

歯ぎしりが習慣化していると顎関節症になることがあります。顎関節が痛かったり、口の開閉に違和感があればそれらの症状は歯ぎしりが原因かもしれません。

歯が割れる

歯ぎしりが長期間続いている場合は、虫歯などで歯がもろくなっていると、歯ぎしりの強い力で歯がすり減るだけでなく割れてしまうこともあります。

エラが発達する

歯ぎしりは奥歯を噛みしめるように力が入ります。
顎にも負担がかかりってしまいます。それが原因で筋肉が発達し、それが影響して顔が大きくなってしまう可能性があります。

歯ぎしりについて少しでも分かって頂けましたか?
噛み合わせが気になる方、歯並びでお困りの方はぜひ一度ご相談にお越しください!
スタッフ一同お待ちしております。

初診予約

再診・その他

WEB予約

PAGE TOP

ネット予約をする